ホーム > 活動紹介 > にこトーク 2019.7

にこトーク レポート

にこトーク2019.07

日時
2019年7月7日
会場
みんなの貸し会議室(福岡市中央区)
参加者
8名(運営スタッフ含む)

運営スタッフより

今回のにこトークでは「社会と経験者の理解の相違について」がテーマとなりました。最近は少なくなってきたように感じますが、”がん=死”のイメージが残っているのも感じます。かといって生きて根治したから全てが終了し不安や苦労がなくなるわけではありません。治療をしたことによる後遺症や合併症、さらに再発の可能性も消えません。

しかし、なかなかそのことが伝わらず、理解の違いに苦しんでいるという思いを話してくれました。私も長い時間治療を受け、社会に戻り、”今までの私”との違いに苦しんできました。体力の低下ももちろんですが、後遺症ものこり、それを必死に隠していたり、話しても理解してもらえないことも多くありました。しかし、理解してもらいたいと願うと同時に”普通でありたい”と言う話しも多く聞きます。どんな人でもこの矛盾したように感じる思いを理解するのはすごく難しいことだと思います。

私たちがこれからを共に生きる上でどう歩み寄っていくかが最大の課題になるのかなと今回のにこトークを通じて感じました。

(運営スタッフ 水頭 可南恵)

認定NPO法人 にこスマ九州
〒815-0032 福岡市南区塩原4-3-6-101
[TEL]092-553-6408 [FAX]092-981-6980 [e-mail]info@nicosuma.net